WEB練習問題 > 憲法条文 > 憲法 総則 > 憲法 第11条、13条、97条(個人の尊重)

憲法 第11条、13条、97条(個人の尊重)


以下の空欄(1)~(6)に当てはまる語句を入れなさい。

なお、同じ数字には同じ語句が入るものとする。


第11条 

国民は、すべての(1)の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する(1)は、侵すことのできない(2)の権利として、現在及び(3)の国民に与へられる。


第97条 

この憲法が日本国民に保障する(1)は、人類の多年にわたる(4)獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び(3)の国民に対し、侵すことのできない(2)の権利として信託されたものである。


第13条 

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び(5)に対する国民の権利については、(6)に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。



解答 


1 基本的人権 2永久 3将来 4自由 

5 幸福追求 6公共の福祉




前の問題 : 憲法 第9条(戦争の放棄)
次の問題 : 憲法 第96条(憲法改正)

問題一覧 : 憲法 総則

WEB練習問題 > 憲法条文 > 憲法 総則 > 憲法 第11条、13条、97条(個人の尊重)

2018年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ