WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政事件訴訟法 > 行政法 行政事件訴訟法 (H24-18)

行政法 行政事件訴訟法 (H24-18)


行政事件訴訟法3条2項の「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」(以下「行政処分」という。)に関する次の記述のうち、最高裁判所の判例に照らし、妥当なものはどれか。


1 医療法の規定に基づき都道府県知事が行う病院開設中止の勧告は、行政処分に該当しない。

2 地方公共団体が営む簡易水道事業につき、水道料金の改定を内容とする条例の制定行為は、行政処分に該当する。

3 都市計画法の規定に基づき都道府県知事が行う用途地域の指定は、行政処分に該当する。

4 (旧)関税定率法の規定に基づき税関長が行う「輸入禁制品に該当する貨物と認めるのに相当の理由がある」旨の通知は、行政処分に該当しない。

5 地方公共団体の設置する保育所について、その廃止を定める条例の制定行為は、行政処分に該当する。



1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 行政法 行政事件訴訟法 (H24-17)
次の問題 : 行政法 行政事件訴訟法 (H22-17)

問題一覧 : 行政事件訴訟法

WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政事件訴訟法 > 行政法 行政事件訴訟法 (H24-18)

2019年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ