WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政事件訴訟法 > 行政法 行政事件訴訟法 (H22-17)

行政法 行政事件訴訟法 (H22-17)


取消訴訟の裁判管轄に関する次のア~オの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

ア 取消訴訟は、原告の普通裁判籍の所在地を管轄する地方裁判所にも提起することができる。

イ 取消訴訟は、処分をした行政庁の所在地を管轄する地方裁判所にも提起することができる。

ウ 土地の収用など特定の不動産または場所に係る処分の取消訴訟は、その不動産または場所の所在地を管轄する地方裁判所にも提起することができる。

エ 取消訴訟は、処分に関し事案の処理に当たった下級行政機関の所在地を管轄する地方裁判所にも提起することができる。

オ 国を被告とする取消訴訟は、原告の普通裁判籍の所在地を管轄する高等裁判所の所在地を管轄する地方裁判所にも提起することができる。


1 一つ

2 二つ

3 三つ

4 四つ

5 五つ





1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 行政法 行政事件訴訟法 (H24-18)
次の問題 : 行政法 行政事件訴訟法 (H22-18)

問題一覧 : 行政事件訴訟法

WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政事件訴訟法 > 行政法 行政事件訴訟法 (H22-17)

2019年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ