WEB練習問題(リニューアル中) > 憲法過去問 > 憲法 統治 > 憲法 統治 (H19-5-1)

憲法 統治 (H19‐5-1) 


以下の記述のうち正しいものはいくつあるか。


1 すべて司法権は、最高裁判所に属する。

2 具体的事件を離れて抽象的に法律命令等の合憲性を判断することは、法律上の争訟にあたり司法権の範囲である。

3 国家試験における合格、不合格の判定も学問または技術上の知識、能力、意見等の優劣、当否の判断を内容とする行為であるから、法律上の争訟にあたらず司法権の範囲外である。

4 具体的な権利義務ないし法律関係に関する紛争であっても、宗教上の教義に関する判断などが必要で、事柄の性質上法令の適用により解決するのに適しないものは、裁判所の審判の対象となりえない(H19‐5‐5)。

5 議員定数不均衡訴訟などの客観訴訟は、当事者間における具体的な権利・義務または法律関係の存否に関する紛争ではないため、司法権の範囲には属さないが、政策的に裁判所で解決できる訴訟である。


1 一つ

2 二つ

3 三つ

4 四つ

5 五つ


1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 憲法 統治 (H24-3)
次の問題 : 憲法 統治 (H19-5-2)

問題一覧 : 憲法 統治

WEB練習問題(リニューアル中) > 憲法過去問 > 憲法 統治 > 憲法 統治 (H19-5-1)

2021年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ