WEB練習問題(リニューアル中) > 憲法過去問 > 憲法 総則 > 憲法 総則 (H12-6)

憲法 総則 (H12-6) 


次の記述のうち、「主権」という用語が他とは違う意味で使われているものはどれか。


1 ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

2  政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。

3  天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

4 国民主権の原理は、国政が国民の厳粛な信託によるものであることを意味する。

5 高度の政治性を有する国家行為は、司法審査になじまず、国会等の政治部門の、最終的には主権者たる国民の、政治責任において行われるべきである。


1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題
次の問題 : 憲法 総則 (H21-3)

問題一覧 : 憲法 総則

WEB練習問題(リニューアル中) > 憲法過去問 > 憲法 総則 > 憲法 総則 (H12-6)

2021年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ