WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H27-14)

行政法 行政不服審査法 (H27-14)


行政不服審査法に基づく審査請求に対する裁決に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 処分についての審査請求が法定の期間経過後にされたものであるとき、その他不適法であるとき、または審査請求に理由がないときは、審査庁は、裁決で当該審査請求を却下する。

2 不作為についての審査請求に理由があるときは、審査庁は、当該不作為庁に対しすみやかに申請を認める処分をすべき旨を命ずるとともに、裁決で、その旨を宣言する。

3 処分についての審査請求に理由があり、審査庁が裁決で当該処分の変更を命ずることができる場合において、公の利益に著しい障害が生じることを防ぐため必要があると認めるときは、審査庁は、審査請求人の不利益に処分の変更を命ずることもできる。

4 事実上の行為についての審査請求が理由がある場合には、上級行政庁である審査庁は、裁決で、当該事実上の行為が違法又は不当である旨を宣言するとともに、当該処分庁に対し、当該事実上の行為の全部若しくは一部を撤廃し、又はこれを変更すべき旨を命ずる。

5 処分についての審査請求の裁決には、行政事件訴訟法の定める事情判決と同様の事情裁決の制度があるが、事情裁決が行われるのは、処分が違法である場合に限られ、処分が不当である場合には行われない。


1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H26-15)
次の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H27-15改題)

問題一覧 : 行政不服審査法

WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H27-14)

2019年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ