WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H26-15)

行政法 行政不服審査法 (H26-15)


行政不服審査法に基づく審査請求の教示義務に関する次のア~エの記述のうち、正しいものの組合せはどれか。


ア 行政庁は、審査請求をすることができる処分をする場合には、処分の相手方に対し、当該処分につき不服申立てをすることができる旨並びに不服申立てをすべき行政庁及び不服申立てをすることができる期間および審査請求書を書面で教示しなければならない。

イ 処分庁が誤って審査請求すべき行政庁でない行政庁を教示し、当該行政庁に審査請求書が提出された場合、当該行政庁は処分庁または本来の審査請求すべき行政庁に審査請求書を送付しなければならない。

ウ 処分庁は、処分の相手方以外の利害関係者から当該処分が審査請求のできる処分であるか否かについて教示を求められたときは、当該事項を教示しなければならない。

エ 処分庁が審査請求書に記載すべき事項を誤って教示し、それに沿った審査請求書が提出されたときは、審査請求を受けた行政庁は、審査請求をした者に期限を定めて補正を求めなければならない。


1 ア・イ

2 ア・エ

3 イ・ウ

4 イ・エ

5 ウ・エ


1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H25-15改題)
次の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H27-14)

問題一覧 : 行政不服審査法

WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H26-15)

2019年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ