WEB練習問題(リニューアル中) > 憲法過去問 > 憲法 統治 > 憲法 統治 (H2-23)

憲法 統治 (H2‐23)


以下の記述のうち誤っているものはいくつあるか。


1 家庭裁判所は、特定の種類の事件のみを管轄する裁判所であり、特別裁判所の一つである(H2‐23‐2)。

2 行政機関は、終審として裁判を行うことができない(H2‐23‐1)。

3 最高裁判所の長たる裁判官は、国会の指名に基づいて天皇が任命する(H2‐23‐3)。

4 最高裁判所判事は内閣が任命し、天皇が認証する。

5 最高裁判所の裁判官には10年ごとの任期がある。

6 下級裁判所の裁判官は、国会の指名した者の名簿によって、内閣でこれを任命する。

7 下級裁判所の裁判官は、任期を十年とし、再任されることができるが、再任されるかどうかは、内閣の自由裁量である。



1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 憲法 統治 (H19-5-2)
次の問題 : 憲法 統治 (H11-26改題)

問題一覧 : 憲法 統治

WEB練習問題(リニューアル中) > 憲法過去問 > 憲法 統治 > 憲法 統治 (H2-23)

2022年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ