WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H22-15改題)

行政法 行政不服審査法 (H22-15改題)


行政不服審査法における手続の終了に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 行政不服審査制度には権利保護機能の他に行政統治機能があるため、審査庁の同意がなければ、審査請求人は審査請求を取り下げることができない。 

2事実行為に関する審査請求を認容する場合、処分庁である審査庁は、当該事実上の行為の全部若しくは一部を撤廃し、又はこれを変更することはできない。

3上級行政庁としての審査庁は、処分庁の処分を変更する旨の裁決をすることができず、処分庁の処分を取り消した上で、処分庁に当該処分の変更を命じなければならない。

4不作為についての審査請求が理由がある場合には、不作為庁である審査庁は、裁決で、当該不作為が違法又は不当である旨を宣言し、不作為庁である審査庁は、当該申請に対して一定の処分をする。

5 行政不服審査法には、それに基づく裁決について、行政事件訴訟法が定める取消判決の拘束力に相当する規定は設けられていない。


解答 4  


テキストP203~215


1 誤

審査請求人は、裁決があるまでは、いつでも審査請求を取り下げることができます(27条)。

2 誤

事実行為に関する審査請求を認容する場合、処分庁である審査庁は、当該事実上の行為の全部若しくは一部を撤廃し、又はこれを変更することはできる(47条)。

3 誤

審査庁が処分庁の上級行政庁であるときは、処分を取り消しまたは事実行為を撤廃するだけでなく、審査庁は、裁決で当該処分を変更し、又は処分庁に対し当該事実行為を変更すべきことを命ずるとともに裁決でその旨を宣言することもできるのです(47条)。

4 正

不作為についての審査請求が理由がある場合には、不作為庁である審査庁は、裁決で、当該不作為が違法又は不当である旨を宣言し、不作為庁である審査庁は、当該申請に対して一定の処分をする(49条3項)。

5 誤

裁決は、関係行政庁を拘束します(52条)。

いわゆる拘束力です。具体的には2項以下で規定されています。

①申請に基づいてした処分が裁決で取り消されたとき

②申請を却下したとき

③申請を棄却した処分が取り消されたとき

申請通りの適法な処分をすべきというのが審査庁の判断であるため、処分庁は、その裁決の趣旨に従い、改めて申請に対する処分をしなければならないのです。

したがって、取消判決の拘束力に相当する規定が設けられているのです。



前の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H21-14)
次の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H24-14)

問題一覧 : 行政不服審査法

WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H22-15改題)

2018年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ