WEB練習問題 > 商法・会社法過去問 > 商法 > 商法・会社法 (H18-37)

商法・会社法 (H18-37)


商行為に関する次のア~オの記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。


ア 商人が平常取引をする者からその営業の部類に属する契約の申込みを受け、申込みとともに受け取った物品がある場合において、その申込みを拒絶するときは、相当の期間内にその物品を相手方の費用により返還しなければならない。

イ 数人がその一人または全員のために商行為である行為によって債務を負担した場合は、その債務は各自が連帯してこれを負担する。

ウ 商人がその営業の範囲内において他人のために行為をした場合は、報酬に関する契約がなくとも、相当の報酬を請求することができる。

エ 当事者の一方のために商行為となる行為によって生じた債権が弁済期にあるときは、債権者は、債権の弁済を受けるまで、債権者が占有する債務者所有の物または有価証券を留置することができる。

オ 商行為によって生じた債権を担保するために設定した質権については、質権者に弁済として質物の所有権を取得させることを契約で定めることができる。


1 ア・ウ 

2 ア・エ 

3 イ・エ 

4 イ・オ 

5 ウ・オ



解答 2


ア 誤

商人がその営業の部類に属する契約の申込みを受けた場合において、その申込みとともに受け取った物品があるときは、その申込みを拒絶したときであっても、申込者の費用をもってその物品を保管しなければならない(商法第510条本文)。


イ 正

その通り。数人の者がその一人又は全員のために商行為となる行為によって債務を負担したときは、その債務は、各自が連帯して負担する(商法第511条1項)。


ウ 正

その通り。商人がその営業の範囲内において他人のために行為をしたときは、相当な報酬を請求することができる(商法第512条)。


エ 誤

商人間においてその双方のために商行為となる行為によって生じた債権が弁済期にあるときは、債権者は、その債権の弁済を受けるまで、その債務者との間における商行為によって自己の占有に属した債務者の所有する物又は有価証券を留置することができる(商法第521条)。


オ 正

民法第349条「質権設定者は、設定行為又は債務の弁済期前の契約において、質権者に弁済として質物の所有権を取得させ、その他法律に定める方法によらないで質物を処分させることを約することができない。」の規定は、商行為によって生じた債権を担保するために設定した質権については、適用しない。




前の問題 : 商法・会社法 (H15-33)
次の問題 : 商法・会社法 (H17-34)

問題一覧 : 商法

WEB練習問題 > 商法・会社法過去問 > 商法 > 商法・会社法 (H18-37)

2018年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ