WEB練習問題(リニューアル中) > 商法・会社法過去問 > 会社法 > 商法・会社法 (H22-37)

商法・会社法 (H22-37)


取締役会設置会社であって公開会社である株式会社の取締役会の権限に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1 会社が企業提携のために、特定の第三者に対して、募集株式を時価発行する場合には、取締役会の決定で足りる。

2 会社が資本金を増加するために、剰余金を減少させる場合には、取締役会の決定で足りる。

3 会社が取締役のために、当該取締役の住宅ローンの保証人となる場合には、取締役会の決定を要する。

4 会社が事業拡大のために、銀行から多額の融資を受ける場合には、取締役会の決定を要する。

5 会社が事業の見直しのために、支店を統廃合する場合には、取締役会の決定を要する。



1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 商法・会社法 (H22-36)
次の問題 : 商法・会社法 (H23-39)

問題一覧 : 会社法

WEB練習問題(リニューアル中) > 商法・会社法過去問 > 会社法 > 商法・会社法 (H22-37)

2021年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ