WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H22-14改題)

行政法 行政不服審査法 (H22-14改題)


行政不服審査法に基づく審査請求に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 審査請求は、他の法律または条例において書面でしなければならない定めがある場合を除き、口頭ですることができる。

2 審査請求は、代理人によってもすることができるが、その場合は、不服申立人が民法上の制限行為能力者である場合に限られる。

3 代理人は、不服申立人のために、当該不服申立てに関する一切の行為をすることができるが、審査請求の取下げについては特別の委任を要する。

4 処分について不服申立適格を有するのは、処分の相手方に限られ、それ以外の第三者は、法律に特別の定めがない限り、不服申立適格を有しない。

5 行政不服審査法に基づく審査請求は、行政庁の処分の他、同法が列挙する一定の行政指導についても行うことができる。



1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H20-15改題)
次の問題 : 行政法 行政不服審査法 (H23-14改題)

問題一覧 : 行政不服審査法

WEB練習問題 > 行政法過去問 > 行政不服審査法 > 行政法 行政不服審査法 (H22-14改題)

2019年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ