WEB練習問題 > 憲法過去問 > 憲法 人権 > 憲法 人権 (H20-6)

憲法 人権 (H20-6)


参議院の政党化を抑制し、その衆議院に対する独自性を強めるために、次の記述のような改革が提案されたとする。この中で、最高裁判所の判例を前提とした場合、憲法改正が必要ではないと考えられるものはどれか。


1 各都道府県の知事・副知事その他知事の任命する職員が参議院議員となる。

2 都道府県議会議員が参議院議員を選挙する。

3 参議院の議員定数を削減し、各都道府県から2名ずつ議員を選挙する。

4 中立的な委員会が学識絡験に優れた者を参議院議員に選出する。

5 政党による立候補者名簿の届出が不可能な選挙制度にする。



1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 憲法 人権 (S62-28)
次の問題 : 憲法 人権 (H20-4)

問題一覧 : 憲法 人権

WEB練習問題 > 憲法過去問 > 憲法 人権 > 憲法 人権 (H20-6)

2019年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ