WEB練習問題(リニューアル中) > 民法過去問(改正未対応 > 民法 債権 > 民法 債権 (H11-29)

民法 債権  (H11-29)


いわゆる債権者取消権に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 債権者取消権は、裁判上行使し得るだけでなく、裁判外でも行使し得る。

2 財産権を目的としない法律行為は、原則として債権者取消権の行使の対象とならないが、相続の放棄は、例外として債権者取消権の行使の対象となる。

3 特定物の引渡しを目的とする債権を有する者も、目的物の処分により債務者が無資力となった場合には、債権者取消権を行使し得る。

4 債権者取消権の行使による効力は、当該債権者取消権を行使した債権者のみの利益のために生ずる。

5 債権者取消権は、取消しの対象となる法律行為があったときから2年間行使しないときは、時効により消滅する。



1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 民法 債権 (H17-27)
次の問題 : 民法 債権 (H12-29)

問題一覧 : 民法 債権

WEB練習問題(リニューアル中) > 民法過去問(改正未対応 > 民法 債権 > 民法 債権 (H11-29)

2021年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ