WEB練習問題(リニューアル中) > 行政法過去問 > 行政法 総論 > 行政法 総論 (H1-42)

行政法 総論 (H1-42)


次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。


1 行政刑罰については、法令に特別の規定がある場合のほかは、原則として刑法総則が適用され、裁判所において刑事訴訟法の定める手続きにより科される。

2 行政刑罰は、執行罰と同様に、同一事実に対し目的を達するまで繰り返し科することができる。

3 行政罰のうち秩序罰としての過料を科するためには、法律の根拠を必要としない。

4 地方自治法に定める過料は、非訟事件手続法の定めるところにより、地方裁判所において科される。

5 行政刑罰においては、実際の行為者のほかに法人をも併せて処罰する両罰規定は、認められない。


1 一つ

2 二つ

3 三つ

4 四つ

5 五つ


1   2   3   4   5   


回答せずに解説を見る


前の問題 : 行政法 総論 (H3-37)
次の問題 : 行政法 総論 (H22-8)

問題一覧 : 行政法 総論

WEB練習問題(リニューアル中) > 行政法過去問 > 行政法 総論 > 行政法 総論 (H1-42)

2021年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ