WEB練習問題 > 憲法過去問 > 憲法 統治 > 憲法 統治 (H24-5)

憲法 統治 (H24-5)


日本国憲法第7章の財政に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1 内閣は、災害救助等緊急の必要があるときは、当該年度の予算や国会が議決した予備費によることなく、閣議の決定によって財政上必要な支出をすることができる。

2 内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

3 国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

4 予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基づいて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。

5 すべて皇室の費用は、予算に計上することを要し、かつ、国会の議決を経なければならない。


解答 1 


単純な条文問題であり、肢4にもヒントがでています。是非とも正解したいところです。


肢1 誤 肢4 正

財政民主主義(83条)からもわかるでしょう。不測の事態による予算不足に対処するため、国会の議決により予備費の制度を設けています(87条)。

第87条

1 予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。

2 すべて予備費の支出については、内閣は、事後に国会の承諾を得なければならない。

予備費も国民の税金の支出ということですから、税金が何に使用されるのかについて、国会の監視がなければなりません。

そして、事後的であっても、国会による民主的コントロールを及ぼすため、すべて予備費の支出については、内閣は、事後に国会の承諾を得なければならないと規定されています。

したがって、内閣が勝手に財政支出をすることはできないのです。


肢2 正

条文の通りです。

第86条

内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。


肢3 正

条文の通りです。

第90条

国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。


肢5 正

条文の通りです。

第88条

すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。




前の問題 : 憲法 統治 (H11-26改題)
次の問題 : 憲法 統治 (H18-22)

問題一覧 : 憲法 統治

WEB練習問題 > 憲法過去問 > 憲法 統治 > 憲法 統治 (H24-5)

2018年度講座開講中

こんにちは、ゲストさん

合格ファームとは



クリックして合格ファームのロゴの意味へ